光波画像計測研究室






「全空間画像計測プロジェクト」

全空間画像計測プロジェクトニュース

これまでに関係のある皆様に配信させていただきました「全空間画像計測プロジェクトニュース」をこちらに載せています.
(1)コンソーシアムが設立されました.

全空間画像計測プロジェクトの一環で,「全空間画像計測コンソーシアム」が設立されました.12月21日(月)に設立総会および記念講演会が行われ,正式に発足しました.企業・法人33機関(行政,大学等を含む),計47名のご参加がありました.(ご参加・ご協力いただききました皆様,どうも有り難うございました.)

(2)第1回 全空間画像計測シンポジウムのご案内

上記コンソーシアム主催の「第1回 全空間画像計測シンポジウム」が次のように開催されます.ご興味のある方,ぜひご参加ください.参加申し込みは,コンソーシアム事務局までお願いいたします.
___________________________________

第1回 全空間画像計測シンポジウムのご案内

日時:2010年1月27日(水) 13:30-19:00
会場:大阪国際会議場 グランキューブ大阪 11階 1101号室
   〒530-0005 大阪市北区中之島5-3-51,http://www.gco.co.jp/
参加費:無料(交流会は参加費3,500円)
主催:全空間画像計測コンソーシアム

プログラム等の詳細はこちらを参照ください.http://ws-conso.com/
(1)コンソーシアム設立総会および記念講演会

全空間画像計測プロジェクトの一環としまして,「全空間画像計測コンソーシアム」を設立します.

その設立総会および記念講演会を12月21日(月)に行います.
入会案内と設立総会の詳細はこちらをご覧ください.
http://ws-conso.com/

(2)JSTのA-STEP採択

おかげさまで,科学技術振興機構(JST)の研究成果最適展開支援事業(A-STEP)に,フィージビリティスタディ(起業検証)課題として採択されました.
タイトルは,「リアルタイム三次元形状・変形・ひずみ計測装置の開発」です.全空間テーブル化手法を用いたリアルタイム形状計測法とサンプリングモアレ法を用いた変位計測について,起業の検証を行うための研究開発を行っていきます.関係の皆様にご協力いただくこともあるかもしれませんが,その際はよろしくお願いいたします.
(1)「第7回光都ビジネスコンペin姫路」で奨励賞受賞決定!
 光波画像計測研究室の柾谷明大特任助教が代表で応募していました「第7回光都ビジネスコンペin姫路(主催:姫路商工会議所)http://www.himeji-cci.or.jp/kotobizcompe1.php」事務局から連絡があり,奨励賞をいただけることになりました.応募した企画タイトルは「簡単・小型・安価な家庭用3次元形状計測装置の開発」です.ご協力いただいた皆様,どうも有り難うございました.
 「奨励賞は、惜しくも最優秀賞、優秀賞には漏れたものの、内容が優れていたテーマを表彰するために特別に設けられたもので副賞として10万円が贈られます。」という賞です.
 11月26日(木)に表彰式があります.

(2)日本機械学会関西支部第304回講習会「応力計測の基礎とその応用(計測デモンストレーション付き)」で講演とデモを行います.
 10月22日(木)に,表記の講習会におきまして,基調講演と計測デモンストレーションを行います.
 「全視野計測法による高速・高精度な形状・変形・ひずみ計測」 和歌山大学システム工学部 藤垣元治
ご興味のある方はぜひご参加ください.まだ席はあいているそうです.
詳細はこちらをご参照ください.
http://www.kansai.jsme.or.jp/Seminar/kou304.html

(3)次の特許出願を行いました.
・2009年6月19日,三次元形状計測を高精度でかつリアルタイムに行うことができるメモリーボードについて(これを使えば,30万点の三次元座標がリアルタイムに得られます(実証済み))
・2009年9月12日,デジタルホログラフィを用いた微小変位分布とひずみ分布計測装置を小型化するための手法と装置について(これを使えば,光学系が簡素化でき,将来は片手で持てるサイズのひずみ分布計測装置が実現できます.)

(1)第8回産学官連携推進会議へ出展します.
6月20日(土),21日(日)に京都の国立京都国際会館で行われます「第8回産学官連携推進会議」に出展します.ご案内が直前になってしまいましてすみません.
http://www.congre.co.jp/sangakukan/
 出展タイトルは,「リアルタイム高精度三次元形状計測 」です.先日の説明会で説明させていただきました,高速かつ高精度な三次元形状計測を実現する「全空間テーブル化手法」のメモリーボードを開発しました.これを使うことで,撮影した画像の全画素を使って,高分解能でリアルタイムに三次元形状計測ができるようになります.
 今回の出展では,その装置一式を会場に持ち込みまして,デモンストレーションを行います.小間番号83番です.ぜひお越しください.

(2)土砂災害前兆検知システムの開発予算がつきました.
 等研究室では,遠方の地盤の変位を画像を使って検出する研究を行っています.それを発展させるテーマで国土交通省の平成21年度建設技術研究開発助成制度と(財)わかやま産業振興財団の平成21年度新連携共同研究事業から研究開発予算がいただけることになりました.それぞれ開発テーマの分担を分けています.これらを活用しまして,関係機関のご協力をいただきながら,本格的に世の中の役に立つ技術を創っていきます.

(3)「全空間計測コンソーシアム」設立の準備中です.
 「全空間計測コンソーシアム」を設立し,参加していただける方の募集を近日中に開始します.現在その準備中です.出来るだけ多くのご興味をもっていただいている方に参加していただける方法を検討しています.

ページ先頭へ