光波画像計測研究室





研究内容

光学的全視野計測手法の研究

格子投影法やレーザー干渉法など,光を用いた全視野計測手法の研究を行っています.
複数の基準面を用いた高精度形状計測手法の開発
  レンズ収差の影響をなくすことによって高精度(対象物100mm角程度に対して10μm以下の精度)に形状を計測する手法を開発しています.
(適用分野:製品検査,金型形状検査,熱変形計測など)

リアルタイム形状変形計測手法の開発
形状や変形がリアルタイムで時系列に計測できる手法を開発しています.
(適用分野:人体形状計測,時系列変形計測,変形監視システムなど)
ラインセンサを用いた連続物体の形状変形計測手法の開発
道路や壁面,パイプや線材などの形状や変形を高速に計測する手法を開発しています.
(適用分野:路面形状計測,壁面変形検査,連続製造物の形状検査など)
その他の研究内容
モアレ干渉法による変位分布・ひずみ分布計測,全周囲形状計測,大物体形状計測など


ページ先頭へ