波動エレクトロニクス研究室

このページでは,光計測分野の研究内容を紹介しています.
ポスターの画像をクリックすると,PDFファイルとして開きます.

・三次元形状計測
・変位計測
・微小変位・ひずみ計測


三次元形状計測

 カメラの1画素ごとに,投影格子の位相と座標の関係をテーブル化することで,高速かつ高精度な三次元形状計測を実現しました.この手法で世界一をめざします.小さなものから大きなものまで,適用範囲を広げる研究をしています.最近は,小型で高速,安価な新しい格子投影デバイスの開発を進めています.



BGAの三次元形状計測をしている様子です.途中で一瞬明るくなる0.2秒間で,格子パターンの投影と撮影,三次元解析を行っています.

三葉虫の化石の三次元形状計測をしている様子です.

変位計測

 カメラで撮影するだけで簡単に精度よく変位計測を行う手法の研究をしています.例えば,100メートル離れていても1ミリメートル以下の精度で変位が計測できます.橋梁やビルなどの大型構造物がどのように動いているのかわかるようになり,構造物の不具合を早期に見つけることができるようになります.また,土砂災害の前兆現象を検知するシステムにも利用できます.最近は,リアルタイムで変位計測が行える特殊なカメラの研究を進めています.


ページ先頭へ

微小変位・ひずみ計測

 デジタルホログラフィを用いて,構造物のナノメートル程度の微小な変位分布やひずみ分布を計測する手法の研究をしています.ひずみ分布を計測することで,構造物の内部欠陥を見つけることができるようになります.10マイクロ程度の分解能でひずみ分布が計測できる手法は他にはまずありません.最近は,インフラ構造物の検査に適用できるように,小型で軽量な装置にするための研究をしています.



 Last Updated:April 5, 2012

ページ先頭へ